タクシー運転手になるには

タクシー運転手になることに興味をお持ちの方も多いと思います。

求人へ応募しようとお考えで、どのタクシー会社のタクシードライバー求人に応募するか、具体的な給与など待遇を調べたいといった方もいらっしゃるかもしれません。

タクシー運転手は人手不足が続いていることから、他の職種と比較して正社員として採用してもらいやすく、また思った以上に高待遇(高収入)のお仕事です。

とはいえ誰でも採用されるわけではありませんから、求人へ応募するとなった場合にはしっかりと対策をすることも必要です。
そうしたアドバイスをもらえるタクシー運転手を専門とした求人サイトも複数あります。

通常40代、50代ともなると正社員での転職や再就職は難しいのが一般的ですが、タクシー会社の求人を見ていると「60代も歓迎」といった求人もあります。

40代、50代でも未経験から歓迎してもらえる職種はなかなかあるものではありません。
もちろん20代のタクシードライバーや、最近では女性のタクシードライバーも少しずつではありますが、見かけるようになってきています。

事情があって正社員として再就職を目指す方、転職を希望される方向けに「タクシー運転手になる」ための情報を掲載しています。

タクシー運転手になるには、どうしたら良いのか。
必要な資格、地利試験、気になる年収、きついといわれるタクシー運転手の働き方などについてご紹介しています。

また、タクシードライバー求人を探すために役立つ、タクシー求人サイトもご紹介しています。

タクシードライバー求人に応募する前に!タクシー会社の特徴を知ってから求人へ申し込むことが重要です

タクシー運転手になるには求人へ応募する前に、

「どのタクシー会社の求人に応募するか」

をしっかりと考える必要があります。

タクシー会社によって社風も異なりますし、給与体系、働き方、営業拠点など異なる部分も多いです。

希望する働き方があるのに、タクシー会社選びで失敗して後悔をする・・・といったことのないようにしたいですよね。

ちなみに東京には約400社ほどのタクシー会社があるそうです。

そうした非常に多くのタクシー会社の中から、希望条件に合ったタクシー会社を自分で見つけるのは非常に大変です。
情報収集も難しいと思います。

タクシー運転手として、高年収を目指したい方もいらっしゃると思いますが、勤務地による有利・不利などもあるんです。

そうしたタクシー会社の個々の情報を持っているのが、これからご紹介するようなタクシー求人に特化した求人サイトです。

タクシー運転手の求人に特化し、対応エリアのタクシー会社の詳細な情報を把握、転職を目指す方に役立つ情報を得られるタクシー求人サイトを上手く活用することが、就職や転職のためには欠かせません。

タクシードライバー 求人サイトおすすめ

自分に合ったタクシー会社を探す際に、情報収集に便利なタクシー業界専門の求人サイトです。

転職道.COM

タクシー運転手専門の求人情報検索サイトが「転職道.COM」です。
業界最大手として、非常に多くのタクシー求人を掲載しています。

更新頻度も高く、最新情報を得るためにはピッタリのタクシー求人サイトとしてオススメです。

タクシー運転手として働く際の疑問点に、タクシー会社の採用担当者が直接答えてくれる「タクシー知恵袋」などのお役立ちコンテンツもあります。

転職道.COMの特徴としては、

  • 業界最大手、全国のタクシー求人が豊富
  • 「会員登録不要」で気軽に応募ができる
  • 会員登録をすることで、タクシー会社からのスカウトを受けられる可能性がある
  • タクシー業界の知識が豊富な専門のカウンセラーによる『無料転職相談』が受けられる

などがあります。

フリーターや第二新卒者の方のタクシードライバーへの就職や転職、といったケースもありますし40代、50代の早期退職後の転職も多いです。

また、託児所完備のタクシー会社に関しての情報収集も出来ますよ。
日勤のみの働き方ができ、女性タクシードライバーを歓迎するタクシー会社選びも可能です。

東京を中心に関東のタクシー求人に強いほか、全国のタクシー求人を探すことが可能です。
地方にもお住まいの方にも便利なタクシー求人サイトは少ないので、そういった意味でもオススメの求人サイトとなります。

タクサポ

タクサポは東京特化方のタクシードライバー求人サイトです。

タクサポの大きな特徴は離職率の低さです。
入社後のアフタサポートが手厚いく、「離職率2%以下」を実現しています。
(入社後半年間のデータとなります)

アドバイザーが全てタクシードライバー経験者、ということで業界の実際の話を聞けることも大きな特徴です。

現役または元トップドライバーに相談ができる、という点もタクサポの強みといえます。

東京都に特化しているため他エリアでタクシー運転手を目指す方は利用出来ませんが、都内でタクシー運転手になることをお考えの方にはオススメのタクシー求人サイトです。

タクシードライバー メリット・デメリット

タクシー会社の求人を調べる前に、働くにあたりメリット・デメリットも気になりますよね。

タクシードライバーとして、どういったライフスタイルを送ることが出来るかといったことにも関係してきます。

タクシー運転手のメリット

まず最初に、タクシー運転手として働く際のメリットについてみていきましょう。

職歴なし未経験フリーターから定年退職後の方まで、転職しやすい

タクシードライバーになるには特別なスキルなどは必要とされません。
もちろんタクシーを運転するために免許は必要です。

タクシー運転手になるためには二種免許取得が必要条件になりますが、タクシー会社によっては二種免許取得までの給与を保障している会社もあります。

二種免許取得の受験資格としては、年齢が21歳以上で第一種免許を取得してから3年が経過していることが必要です。

条件としても既にクリアされている方は多いのではないでしょうか。

21歳以上で第一種免許取得3年経過していれば、フリーターやニートの方も十分採用される可能性がありますし、60歳以降、定年退職してから生活のために最低限お給料を稼ぎたいといった方も再就職しやすいのがタクシー運転手といえます。

40代、50代はまだまだ若手、といわれる職業です。

自由度が高く、マイペースに働くことが出来る

退社間際に理不尽な仕事が降ってくることもあるサラリーマンと比べて、タクシー運転手は自由度の高い仕事です。

道路に出れば、後は自分の判断に従って仕事をすることが出来ます。

人間関係の煩わしさも会社員と比べて圧倒的に少ないと言えます。

もちろん管理職との人間関係があり、どうしても上手く関係を構築できない可能性もありますが、サラリーマンとして働いていた頃より圧倒的に楽だよ、というタクシー運転手は多いです。

休日が多く、プライベートの時間が確保しやすい

タクシードライバーは長時間勤務、と言われます。
それをデメリットに感じ、躊躇されている方も多いかもしれません。

しかし、勤務した後の休みが長いのです。
法律によって定められています。

ドライバーとして採用される方の多くは、

「隔日勤務」

と言われる勤務形態で働くことになります。

隔日勤務は日勤+夜勤の働き方です。
朝の7時に出庫し、深夜3時までに帰庫します。

1日の勤務時間は18~20時間程度となり、確かに長時間勤務です。
3時間の休憩中に仮眠は取れますが、慣れるまでは体力的に大変かもしれません。

慣れてくると隔日勤務の場合、月の勤務回数も11~13回で、他は休日となります。
明けは睡眠時間を取る必要がありますから、そこまで行動は出来ないかもしれませんが、思った以上に休みがある働き方が出来るのがタクシードライバーです。

一般的な会社員よりも休日は多いといえるでしょう。

個人で仕事をしたい方に向いた働き方になる

タクシードライバーの仕事はほぼ個人で動くことになります。

駅前やショッピングセンターなど待ちの間に同じ会社のタクシーがいれば、会話をするなどもあるかもしれませんが、基本的には一人で動きます。

あまり多くの人と関わるのではなく、一人で黙々と仕事をするのが好きな方には向いている仕事といえるのではないでしょうか。

人間関係でストレスを感じることが少ないことをメリットに挙げるタクシー運転手の方も多いです。

運転が好きな人、道路が好きな人には天職になる可能性

タクシードライバーはいうまでも無く、タクシーを運転してお客様を目的地まで安全に早く送り届けることが仕事です。

運転が好きな方、中には色々な道路を走り道を覚えるのが好きな方もいると思います。

信号待ちが少なく、確実にショートカットできる裏道を発見するのが楽しいと感じる方も、タクシードライバーはとても向いている仕事になるのではないでしょうか。

タクシー運転手のデメリット

次にタクシー運転手として働く際のデメリット、リスクも含めてみていきましょう。

事故

タクシードライバーは長時間の乗車となります。
自分が気をつけていても、追突される可能性もあります。

どんなに注意をしていても、事故のリスクがゼロにはなりません。

車に乗っている以上、事故のリスクは常にあるといって良いでしょう。

疲労を感じたら休憩する、休憩中に仮眠をしっかり取るなど事故リスクを低減させるための自己管理にはしっかりと気をつけたいポイントといえます。

お客様とのトラブル

全てのお客様が感じの良いお客様ではありません。
様々なお客様を乗せることになります。

中には理不尽なこともあるでしょうし、お金を払おうとしない方もいるかもしれません。
そうした対応も自分次第となりますから、そこにプレッシャーを感じる方は多いと思います。

特に稼げる時間帯である夜間は、酔っ払いのお客様を乗せることも増えます。

お客様とのトラブルの多くはタクシードライバーが道が不案内であること、とも言われます。

お客様にとっては常識である近道(裏道)があったとしても、そのエリアに不案内な場合ドライバーは知らない事が多いです。
そのため遠回りしたのではないか、メーターが余分に上がった、といったクレームや指摘になる事もあります。

タクシー運転手になった後はまずは道をしっかり覚えること。

そして不安な場合には、素直にお客様に「道を聞いてみる」といったことも重要です。

先輩ドライバーから客層が悪いエリア、避けた方が良いエリアも教えてもらうのも重要なポイントです。

安定しない収入

タクシードライバーは歩合給です。

営業収入を上げれば上げるほど、高年収が稼げます。
しかし、調子の良い時期ばかりではありません。

工夫をしても、売上げが期待したほど稼げないこともあるでしょう。

どうしても毎月安定した給料、とはいきません。

多く稼げたからといって散在をしてしまうと、稼げない時に生活が苦しくなるかもしれません。

稼ぎに波があることに備え、貯蓄することも大切といえますね。

タクシー運転手として働くエリアで平均年収に差がある

タクシードライバーの平均年収は300万円前後、と言われます。

しかし、東京23区のタクシードライバーの平均年収は400万円以上。
沖縄のタクシードライバーの平均年収は250万円前後、だそうです。

働く地域によって、稼ぎやすいエリア、稼ぐのが難しいエリアと出来てしまっているのです。

もし独身で若く、高収入を得たいのであれば上京して東京で働くなども考慮した方が良いかもしれません。

気になるタクシードライバーの給料・年収

タクシードライバーとして就職や転職をお考えになる際、気になるのはやはり得られる給料ですよね。

全国ハイヤー・タクシー連合会調べによりますと、平成30年の全国男性タクシードライバーの平均年間給与は348万3,200円だそうです。

引用元:平成30年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況のまとめ

引用元の資料には資料を見ていくと、都道府県別に「タクシ-運転者(男)の賃金・労働時間」も掲載があります。

その中でも年収が最も高いのは、東京都となります。

東京都のタクシー運転手の年収は推定で約470万円。

一方で最も年収が低いと推定されているのは、秋田県です。
大分県のタクシー運転手の年収は推定で約212万円となります。

こうした見ると、タクシー運転手として稼げる地域(高年収を得やすい地域)と、稼ぎにくい地域がハッキリと見えてきます。

なかなか今住んでいる地域から高年収が得られる地域へ引っ越してタクシードライバーになる、といったことはご家族がいる方の場合難しいとは思います。

しかし、独身の方でタクシードライバーとして高年収を狙いたい、稼ぎたいと思っている方の場合には上京し東京都のタクシー会社に就職したり、神奈川や愛知など比較的、高年収が得られる地域でタクシードライバーになることも検討されると良いかもしれません。

タクシー会社の中には、寮完備といったように福利厚生が手厚いところもあります。

待遇の手厚いタクシー会社を選ぶことで、実質の手取りを高くすることは可能です。

こうした資料を見る限りではタクシードライバーの年収はどうしても低いと感じる方も多いと思うのですが、タクシードライバーは若く高年収を稼ぎたい!と考えている人ばかりではない、といったことも考慮する必要があります。

タクシードライバーになる人の中には、定年退職後60代といった方も多いです。

そうしたタクシードライバーが年収1,000万円を狙うことはほぼありません。
適度に働いて、年金受給まで繋げれば良いといった方も多いですし、生活のハリとして仕事をしたいと考えている場合もあります。

そうしたタクシードライバーの年収も組み込まれていますから、若く高年収を狙って道を勉強し、街の研究をしている方は平均年収よりも高年収は稼げていると考えた方が良いでしょう。

実際、地域によりますが、年収800万円、年収1,000万円を稼ぐタクシードライバーも存在します。

タクシー運転手が向いている人

どんな仕事にも向き・不向きはあります。
タクシー運転手も例外ではありません。

タクシー運転手がオススメなのは、次のような方です。

運転が好きな人、得意な人

当然ですが、タクシー運転手は長時間、運転することになります。
少なくとも、運転が嫌いな方はドライバーは向かないといえます。

運転技術は真面目な方であれば、乗車している間に向上しますから特に問題は無いでしょう。

運転が大好き!といったレベルまでではなくても、運転が苦にならない方はタクシー運転手はオススメできる職種といえます。

道を覚えるのが好き、得意な方

タクシーにお客様を乗せて目的地まで向かうことになりますが、大きな通りを走行することばかりではありません。

地元に詳しいお客様の場合、細い裏道を指定される事もあります。

最短距離で行けることを熟知しているからこそのこうした裏道を、次回以降、走行に活かすために覚えるのが好きな方はタクシー運転手に向いているといえます。

好きだからこそ、道をどんどん覚えられる、というのはありますよね。

コミュニケーション能力がある

タクシーには様々なお客様を乗せることになります。

場合によっては長距離となりますから、長時間、お客様と同じ社内で過ごす場合も。

無理に会話をする必要はないのですが、観光客の方を乗せた場合などは地元に関しての質問を色々と受けることも多くなります。

美味しいお店、外せない観光スポット、食べた方が良いグルメ、お土産などについて。

また、地元の方でも話好きな方もいます。

お客様に合わせたコミュニケーションが求められます。

相手に深いな感情を持たせないように、コミュニケーションを取れることがタクシー運転手にも求められています。

一人の業務が好き、苦にならない

タクシー運転手は業務に出れば当然ですが、一人です。
お客様を乗せている間は、一人ではありませんが待ち時間や流しの間は一人となります。

休憩も営業所や自宅に戻るといった以外であれば、一人で過ごすことになります。

こうした一人の時間が苦では無く孤独を感じることのない人は、タクシー運転手の仕事を続けやすいといえます。

その分、人間関係は楽ともいえますね。

実際、前職で人間関係にとても苦労された方は、タクシー運転手のこうした部分がとても楽で良い、人間関係に悩むことがほとんど無く転職して良かったと言います。

責任感がある人

タクシーにお客様を乗せるということは、命を預かっているということになります。
責任を持って安全運転をすることが第一となります。

走行中、どうしてもマナーの悪い車もあるでしょう。

そうした時に、感情的にならずに安全運転を続けられる人にはタクシー運転手は向いているといえます。

タクシー運転手が向かない人

タクシー運転手は決して楽な仕事ではありません。
年間休日は多くなるとはいえ、不規則な働き方になりますから体調管理も重要な仕事です。

そうした事も含め、タクシー運転手が向かない人は次のような方といえるでしょう。

  • 体力が無く、長時間の運転が辛い
  • 夜間、どうしても眠くなってしまう
  • 人とコミュニケーションが上手く取れない
  • 接客が苦手、嫌い
  • 運転マナーの悪い車を見ると、カッとなりやすい、感情的になる
  • 収入は安定していない困る
  • 毎日同じ仕事に耐えられるか不安

タクシー運転手の仕事は誰でも採用されやすい職種ではありますが、楽な仕事ではありません。

収入も良い月、悪い月もありますし基本的には仕事内容はいつも一緒です。

お客様を乗せる、運ぶ、降ろす、代金を頂く。

この繰り返しの中で、面白さを自分で見つけ、工夫し、高年収を目指せる方は成功出来ると言えます。
(タクシードライバーで高年収を稼ぐ方は、勉強家が多いです)

タクシー運転手の年齢、何歳まで採用される?

タクシー運転手として採用されるための年齢に関しては各タクシー会社の定年を下回っていれば、正社員として採用される可能性は高いといえます。

60歳が定年、65歳が定年などタクシー会社により年齢が異なりますから、今の年齢に応じて応募するタクシー会社を選ぶ必要があるかもしれません。

60歳定年のタクシー会社に59歳の方が応募した場合、場合によっては契約社員で、といった可能性も考えられるでしょう。

定年を超えてもアルバイトや契約社員として乗車を続けているドライバーも多いです。
もちろん健康状態に問題が無ければ、ということになります。

注意すべきは視力です。
二種免許は、

  • 両眼で0.8以上
  • 片眼でそれぞれ0.5以上
  • 深視力を3回検査した平均誤差が2cm以内

と基準が厳しくなっています。

高年齢になると、視力も衰えてくる方が増えます。
より健康状態を良好に保つべく普段からの健康管理が重要となるといえるでしょう。

年齢だけを考えると50代、60代の方も十分に採用される可能性はあるのがタクシー運転手といえます。

女性タクシードライバーの働き方は?

タクシー運転手、というと男性の仕事というイメージが強いと思いますが、女性ドライバーの数も近年、徐々に増えています。

タクシー会社としてもドライバー不足が深刻化している中で、女性ドライバーの活躍に焦点を当てているところもあります。

国土交通省より「女性ドライバー応援企業」として認定されているタクシー会社も増えてきているんですね。

働き方も女性であることに考慮し、昼日勤での採用が多いです。
タクシー会社により勤務時間などは異なりますが、保育園にお子さんを預けて8時や9時に出勤をし、17時に帰庫。
その後、保育園にお子さんを迎えに。

残業がほぼ無いタクシー運転手だからこそ、予定通り働きやすいというメリットがあります。

子供の園行事などに合わせ、事前に休日の申請をすれば休みも取りやすいことも、女性ドライバーから支持されている理由となります。

保育園と提携し、お子さんのいるママも働きやすい環境を整えることに積極的なタクシー会社もあります。

キッズタクシーでの女性ドライバーの需要も高いです。

女性ドライバーだからこそ安心して利用出来る、というお客様の層も一定数いますので、今後も女性ドライバーの採用は活発になっていくと考えられます。

未経験者が自分にあったタクシー会社を選ぶには、タクシー業界専門の転職サイトを利用して相談がおすすめ

全国にはタクシー会社が平成28年時点で約6,200(法人タクシー事業者数)あります。

あなたが就職、転職をお考えになっている地域にも、たくさんのタクシー会社があるはずです。

これほど多くのタクシー会社から、自分にあったタクシー会社を選ぶのはとても大変です。
タクシー会社によって特徴が異なりますし、給与体系も異なるためです。

まして未経験からタクシー運転手になろう、という場合には分からない情報だらけではないでしょうか。

そこで利用すべきは、タクシー業界専門の求人サイトです。
コンサルタントが多くのタクシー会社に訪問し、直接情報を得ていますし採用担当者や乗務員ともコミュニケーションを取り、より詳細を把握しています。

こうした各タクシー会社に詳しいコンサルタントへ無料で相談出来るタクシー求人サイトもあります。

・転職道.COM

・タクQ

・ドライバーズワーク

などがあります。

Copyright© タクシー 転職おすすめサイト , 2019 All Rights Reserved.