タクシー入社祝い金

タクシー求人を探す

タクシー入社祝い金 いつもらえる?

投稿日:

タクシー入社祝い金いつもらえる

タクシードライバー求人を見ていると、特典として「入社祝い金30万円!」といったタクシー求人を多く見つけることが出来ます。

利用するタクシー求人サイトによりますが、入社祝い金の金額も数万円から高額になると40万、50万円となります。

タクシー求人の入社祝い金はエリアによって金額が高い低いと差があります。
東京都のタクシードライバー求人は高額な入社祝い金が多いですね。

地方は基本的には入社祝い金は安くなります。

入社祝い金40万円!といった高額な金額になると、とても嬉しいですね。
ただ、甘い話には注意が必要です。

タクシー入社祝い金がいつもらえるか、支給の条件などの確認は必須です。

とはいえ、せっかく入社支援金ありの求人が多いのですから、高い金額の入社祝い金があるタクシー求人を見つけたいものですよね。

入社祝い金はいつもらえるか

入社祝い金ありタクシー求人を探すために、おすすめタクシー転職サイトもご紹介しています。

タクシー入社祝い金、いつもらえる?

タクシー求人サイトを利用してタクシー会社にドライバーとして採用された場合、求人サイトに申請をして入社祝い金が支給される求人もあります。

タクシー求人サイトでは転職先を探すための条件を色々と設定出来ますが、

入社祝い金あり

で効率良く求人情報を探すことが出来ます。

この入社祝い金ありのタクシー会社に応募して、採用された場合。

いつ20万円、30万円、40万円といった決して少なく無い入社祝い金がもらえるのでしょうか?

入社祝い金がもらえるタイミング

入社祝い金がもらえるタイミングですが、利用するタクシー求人サイト、採用されるタクシー会社によって違いがあります。

一定期間働き、今度も継続して働けそうな人に支給される場合も多いです。

入社後1ヶ月、初乗務から1ヶ月後など違いがありますから、入社祝い金がもらえるタイミングに関しては、求人に応募前にしっかりと確認されると安心です。

一般的にタクシー業界の入社祝い金の支給時期は、

「所定期間の勤務状況」

を確認した上で支給となるケースが多いです。

入社1ヶ月後、初乗務から1ヶ月後など所定期間の勤務を確認してから支給手続き、といった場合が多いといえます。

タクシードライバーの仕事は、合わない方には合わないですから入社して短期間で退職される方もやはりいます。

タクシー会社としてはしっかり働いてくれる人に支給したい、頑張りを応援したいといったこともあるようで、こうしたタイミングでの入社祝い金支給となるようです。

入社祝い金がもらえる流れ

入社祝い金がもらえる流れとしては、基本的には以下となります。

タクシー会社の求人へ応募、入社

2種免許取得

地理試験合格

各種研修終了

乗務開始

入社祝い金の支給(おめでとうございます!)

タクシー会社によっては、乗務開始前のタイミングで支給があることもありますので、やはり問い合わせをされるのが確実でしょう。

入社祝い金が高額な場合、入社祝い金の支給のタイミングも複数回になることが多いです。

入社後、本採用後、初乗務から3ヶ月後、入社1年後、など色々です。

タクシー求人サイト、タクシー会社によって入社祝い金が支給さるタイミングは異なりますので、生活の当てにしたい方は事前に確認が必要といえるでしょう。

高額な入社祝い金もあり!タクシー求人を見つけるには

タクシー求人サイトを利用して求人情報を比較しながら転職先をお探しになる方が多いと思います。

その中で、入社祝い金ありタクシードライバー求人を見つけるには、求人数が多い次のような求人サイトの活用がおすすめです。

入社祝い金ありタクシー求人を見つけるなら

入社祝い金ありタクシードライバー求人も多数掲載!

タクシー業界の求人なら次のタクシー転職サイトが便利です。

⇒ 転職道.COM

⇒ タクQ

入社祝い金がもらえないケース

入社祝い金をもらえないケースもあります。

いずれのタクシー求人サイトを利用したとしても、入社祝い金をもらうには「自分で申請」をしなくてはなりません。

・転職支援金申請
・入社祝い金の申請

といった申込みページが求人サイトには用意されていますので、

・入社したタクシー会社名
・氏名
・メールアドレス
・電話番号

などを記載して、申請をしなくては入社祝い金の支給を受けることが出来ません。

待っていて勝手に入社祝い金をもらえる訳ではありませんから、応募のタイミングにも気をつけてください。

「タクシー会社への入社日より1か月以内に申請すること」

など決まりがありますから、こうした申請のルールに関しても確認されておくと良いでしょう。
もしお使いのカレンダーなどがあれば、忘れないようにメモしておかれる事をおすすめします。

また早期に退職してしまい、入社祝い金の支給期間に満たなかった場合にももらうことは出来ません。

入社祝い金の注意点

入社祝い金についての注意点も確認しておきましょう。

入社祝い金の申請を忘れない

まず、先ほどもありましたがタクシー求人サイトを利用して転職した場合には、

「入社祝い金の申請を忘れないこと!」

です。

勝手に入社祝い金を振り込んでくれる、といったことはありませんから注意が必要です。

早期退職の場合、入社祝い金(支援金)返金の可能性も

またタクシードライバーに転職してみたものの・・・やっぱり合っていなかった。辞める。

と早期退職してしまった場合、入社祝い金の返還請求をされることもあります。

「入社後1年以内に自己都合で退職する場合は入社祝い金の全額を返還」

といった誓約書が取られる場合もありますので、その際は退職時期には注意された方が良いでしょう。

他の支援金がある場合にも同様で、上記のような取り決めがある場合には返還しなくてはなりません。

入社祝い金、支援金が高額な場合もありますね。
そうなると、退職時に返還するのが難しい金額となることも考えられます。

その場合どうするかというと、辞めたくても辞められないのでタクシードライバーを続けざるを得ない、といったことになります。

転職する時、すぐに辞めることを考える方もいないとは思いますが、万が一に備えるという意味でも、普段から給料は少しずつ貯蓄をする習慣を身に付けておきたいところです。

すぐに支給されない(生活資金の確保が必要)

入社祝い金は高額な求人も多く、嬉しいですよね。

中には転職してからの生活資金に充てよう・・・という方もいらっしゃるかもしれません。

新生活で何かとお金がかかる中、10万円、20万円以上の入社祝い金となる求人も多いので助かりますよね。

しかし、入社祝い金は申請してから振り込まれるまで時間が掛かります。

当てにせず、生活資金はしっかりと確保しておくことが必要です。

転職後の給料の振り込みも考えて1ヶ月半くらいは給料無しでも生活出来るだけの蓄えがあると安心です。

タクシー転職サイトの入社祝い金+タクシー会社の入社祝い金

タクQというタクシー転職サイトでは、求人によってはタクQから入社祝い金、そして入社することになるタクシー会社からも入社祝い金(入社支援金、奨励金などの場合も)が支給されますので、合わせると高額な祝い金になる求人が多数あります。

業界で最大級の入社祝い金付き 優良タクシー求人の【タクQ】

入社祝い金+働きやすいタクシー会社への転職

入社祝い金、もらえると嬉しいですよね。

毎月の給料を上げる努力も大切ですが、転職して慣れないドライバー業のところへ一時金としてまとまった額の入社祝い金が振り込まれる。

入社祝い金の使い道は自由です。

家計費の補填のため、頑張っている自分へのご褒美、家族旅行の資金、子供の学費、借金返済など、色々な使い道があります。

ただし、重要なのは入社祝い金ではなく、転職してタクシードライバーの仕事を続けやすいこと。
高収入を得られることです。

特に東京都でタクシードライバーに転職をされる場合、全国のタクシードライバー平均年収を超える給料を稼げるエリアですから、当然、高年収を狙っている方が多いと思います。

中小企業の平均年収よりも、東京都のタクシードライバーは稼げる可能性があります。

人間関係が良く、働きやすいタクシー会社へ転職することも重要です。

内勤スタッフも含め、先輩ドライバーが優しく面倒見が良い人間関係の良いタクシー会社は、離職率が低いです。

普段のコミュニケーションの中で、客層の悪い避けた方が良いエリア、稼げるエリアなどを教えてもらえる機会も多いでしょう。

入社祝い金も大切ですが、それ以上に「働きやすいタクシー会社」を見つけることもタクシー転職に成功するためには重要なポイントです。

タクシー会社といっても社風、勤務環境など様々です。

タクシー業界に詳しいコンサルタントに相談しながら転職先探しが出来る、

⇒ 東京都 タクシードライバー 求人サイトおすすめ

でご紹介しているようなタクシー業界専門の転職サイトの活用がおすすめです。

-タクシー求人を探す
-,

Copyright© タクシー 転職おすすめサイト , 2019 All Rights Reserved.