タクシー運転手の年収

タクシー運転手の給料

タクシー運転手って儲かる?

投稿日:

タクシー運転手は儲かる?

タクシー運転手として転職しようかな、という方も多いと思います。

そこで気になるのは、やはり「タクシー運転手って儲かるの?」ということではないでしょうか。

タクシー運転手に転職する目的がお金よりも時間、という方もいるかもしれませんが、やはり家族の生活のためにも高年収を稼ぎたい、儲かるタクシー運転手として働きたい!という気持ちが強い方も多いのではと思います。

タクシー運転手は儲かる仕事なのでしょうか?また儲かるタクシー運転手はどういった仕事の進め方をしているのでしょうか。

儲かるタクシー運転手について。

タクシー運転手はどう?儲かるの?

タクシー運転手は儲かります

しかし、タクシー運転手が全て儲かるか、と言われるとそうではありません。
残念ながら儲からないタクシー運転手もいます。

全国ハイヤー・タクシー連合会の資料によると、全国のタクシー運転手の平均年収は平成29年で約348万円です。

タクシーは歩合で稼ぐ業種ですから、平均年収よりも高額な年収を稼ぐ儲かっているドライバーもいれば、平均年収を下回るドライバーも多いです。

儲かるタクシー運転手の年収は500万、600万円以上を稼ぐ方も多く、十分、高年収といって良いでしょう。

儲かるのは東京都のタクシー運転手

特に東京都のタクシー運転手の平均年収は約470万円となり、タクシー運転手の中でも高年収となっています。

儲かるタクシー運転手の大きな条件として、地域の問題があります。

タクシードライバーに転職をして稼ぎたいのであれば東京都で働くことを勧められる場合が多いですが、それは国内で最もタクシー需要があり、実際に儲かるエリアだからです。

東京都で仕事をして、長く稼げないタクシー運転手は仕事に向いていない、と言われることもあるくらいです。

東京都で儲かっているタクシー運転手の営業スタイルの基本は流しです。
駅待ちなどで稼ぐタクシー運転手になるのは、難しいといえます。

ただし、地方では流しで稼ぐのは逆に難しいことも多く、仕事の進め方を考える必要があります。

ご家族がいて、東京都のタクシー会社で働くことが難しい方も多いでしょう。
単身寮があるタクシー会社も多いですから、単身赴任のように一人で都内に引っ越し、働く方も実際にはいますが多くの方は、地元でタクシー運転手に転職されると思います。

重要なのは地域のタクシー運転手の平均年収を超えるための工夫をすることといえるでしょう。

タクシー運転手の年収、全産業の年収との金額差

タクシー運転手の平均年収は約348万円。

全産業の平均年収は約558万となっています。

参考:全国ハイヤー・タクシー連合会 平成30年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況のまとめ

年収差は約210万、月に換算すると12万円ほどの差となります。

賞与の支払いも含みますから単純に月収で比較は出来ませんが、タクシー運転手の平均年収だけを見ると、儲かる仕事には思えない・・・
という方も多いのではないでしょうか。

タクシー運転手の平均年収は、地域によって非常に大きな差があるのです。

実際、先ほどの資料によると大分県のタクシー運転手の平均年収は約233万円と、東京都のタクシー運転手の平均年収と200万円ほど差が出ています。

儲かるタクシー運転手になりたいなら東京、と言われるのはこうした数字からも分かるようになっています。

儲からないタクシー運転手

儲からないタクシー運転手の特徴を知り、それをしないことで儲かるタクシー運転手になれる可能性が高くなります。

儲からないタクシー運転手に共通するのは、

「待ち」

が多いことです。

駅、病院、スーパーなどの乗り場で利用客が来るのを待つスタイルです。

しかしスーパーなどは近所の方が利用する場合が多いため、ワンメーターなどが多く待ち時間が長い割には稼げないことが多いのです。

稀に遠目の駅まで、交通機関の無い病院まで、といった2,000円、3,000円と売上げの上がる利用客もいますが可能性としては少ないですよね。

待ちの営業スタイルでは、タクシーの売上げは運も大きいです。

しかし儲かるタクシー運転手は運に頼らず、日々、高い月収、高年収を実現できるように努力をしています。

営業を振り返るために日記を付ける、スマホに気付きをメモししっかりと見直す。

儲かっている同僚、先輩ドライバーにアドバイスを求める。

街のイベント情報をチェックし、人の動きを予測し営業を行う。

稼げる時間帯である夜間の人の動きを研究する、など。

タクシー運転手は、ただ待機してお客様を待っているだけで高年収が稼げる仕事では無いと言えます。

儲かっているタクシー運転手になるためには、やはり努力が必要です。

タクシー運転手は20代でも年収600万円が可能!

タクシー運転手は年功序列の無い仕事です。

高年収を得るためには長く勤めないとダメ、といったことは全くありません。

例えば20代前半の平均年収は250万円ほど、20代後半で340万円ほどと言われます。

しかしタクシー運転手は稼ぐ努力をすれば、20代前半でも年収500万円、600万円などを実現する事が可能です。

その秘密はやはり歩合にあります。

一日の売上げを上げれば上げるほど、タクシー運転手は給料が高くなります。

こうした働き方が出来るのは一般的には営業職です。

儲かるタクシー運転手になるために

儲かるタクシー運転手になるためには、勉強熱心、研究熱心になること。
そした長丁場の仕事となりますから、体調管理なども大切になります。

結局、儲かるタクシー運転手は自己管理が出来ているといえるでしょう。

体調も悪ければ稼ぐ意欲も落ちます。
今日は調子が悪いから待機を多めにしようかな・・・となればやはり稼ぐのは難しいと言えるでしょう。

稼ぐタクシー運転手の基本は「流し」となります。

地方のタクシー会社でも、営業成績の高いドライバーはいるはずです。

そうした成績優秀なドライバーに素直にアドバイスをもらうことも、重要なポイントといえそうです。

-タクシー運転手の給料
-,

Copyright© タクシー 転職おすすめサイト , 2020 All Rights Reserved.