新卒でタクシー運転手になる

タクシードライバーになる

タクシー運転手に向いている人

投稿日:

タクシー運転手に向いている人

タクシー運転手になろう、と思ったとして、

「自分はタクシー運転手に向いているのだろうか?もしかして向いていなかったら、仕事が辛くなりそう・・・」

どんな仕事にも向き、不向きはあります。
少し苦手かも、くらいならそのうち慣れて何ともなくなるかもしれませんが、どうしてもタクシー運転手が向かない人も中にはいるかもしれません。

この記事では「タクシー運転手に向いている人」「タクシー運転手で成功しやすい、稼げる人」をご紹介しています。

タクシー運転手になることに興味をお持ちの方は、ぜひチェックしてみてください。

タクシー運転手に向いている人の特徴

大卒でタクシードライバーに就職
タクシー運転手に向いている人、仕事が続けられる人、高年収を実現しやすい人の特徴を見ていきましょう。

運転が好きな人、運転が得意な人

タクシー運転手は営業に出れば、長時間、運転する仕事です。
中には長距離のお客様もいらっしゃるかもしれません。

車の運転が好きな人、得意な人はやはりタクシー運転手に向いている可能性が高いです。

少なくとも、運転が苦にならないことはタクシー運転手になるためには前提条件といって良いでしょう。

またお客様が目的とする地点まで運ぶことがタクシーの仕事です。
好きなところへ行ける訳ではありませんから、お客様の希望通りの走行・運転、運転技術の高さも重要ですね。

運転が荒いと、酔ってしまうお客様もいて後からクレームがタクシー会社に入ることもあります。

タクシー運転手になるには、少なくとも運転が好き、長時間の運転が苦にならない。
運転技術を高めることに努力が出来る、といったこともポイントといえるでしょう。

道を覚えるのが好き、考えるのが好きな人

タクシー運転手は様々な道を走りますし、もちろん行ったことが無い地域へもお客様の目的地に応じて走ることになります。

お客様の指定された場所をすぐに理解し、最短ルートを考えること。

さらには時間帯によっては都心、中心街など混雑します。
混雑を回避してルートを考える能力も必要です。

道を覚えるの好きで、時間帯によって違う街の状況も把握することが重要になってきます。

カーナビ完備のタクシーが多いですが、毎回入力してナビに頼るのは難しいですよね。

こうしたことを覚えるのが好きな人は、タクシー運転手に向いているといえますし成功しやすいタイプといえます。

分からない道は、素直にお客様に聞ける

タクシー運転手として仕事をしていると、特に初心者の頃は道が分からないことも多いです。
ベテランでも全ての道を把握するのは難しいでしょう。

どうしても行ったことが無いエリアを指定された場合。
分からないまま走って遠回りをするのは避けなければなりません。

素直に「行ったことが無いエリアなので道がよく分からないため、よろしければお客様の希望通り走りたいので、道を教えて頂けますか?」といったようにお客様に聞いた方が結果的に良いことが多いです。

時間短縮が出来る裏道などをご存じのお客様は多いですから、その際、ルートも覚えると良いですね。

また同じようなエリアを走る際、混雑を避けて最短で走ることができるかもしれません。

多くのお客様は優しく道を教えてくれるはずです。

お客様との無用なトラブルを避けることも出来ますから、分からない道を遠回りしてしまう可能性を避けるためにも自信が無いエリア、道がよく分からないエリアはお客様に素直に聞くようにされると良いでしょう。

コミュニケーション能力が高い

タクシー運転手はお客様を目的地に運ぶまでの間、短時間の場合が多いですが様異空間で時間を共有することになります。

この時、コミュニケーション能力が高さが重要になります。

タクシードライバーとコミュニケーションを取り、色々な話を聞きたい方、話を聞いて欲しい方、話しかけられたくない方、色々な方がいらっしゃいます。

そうした空気を読み、お客様が居心地良いようにコミュニケーションを取る事が出来るとあなたのファンになってくれる可能性もあります。

チップをもらえる可能性もあるでしょう。

タクシー運転手の中には、孤独な仕事から一方的にお客様に「お客様にとって全く関係無い、興味の無いことを話し続ける」ドライバーもいます。

これは最悪です。

このタクシー会社は使いたくないな、と思われる可能性もあります。
一人の印象が全体に広がることもありますので、気をつけたい部分です。

体調管理が出来る人

タクシー運転手の仕事は隔日勤務の場合、長丁場です。

3時間の休憩はありますが、20時間近くを社内で過ごすことになります。
上手く休憩を取り、疲れを感じたらしっかりと休息を挟むことが安全運転には必要です。

まだ大丈夫、売上げを上げるために休んでいる暇はない、といったように思い込みや過信して走っていると、思わぬ事故に繋がる可能性が高くなります。
瞬時の判断力が鈍るような無理は、避けるべきといえます。

疲労の蓄積が体調不良につながりやすいですから、明けはしっかり休む。
3連休も遊びすぎない、など体調管理がしっかり出来る人はタクシー運転手に向いてます。

一人の時間が辛くない

タクシー運転手は出庫してからは基本的に一人です。

タクシープールで同僚と話をする機会もあるかもしれませんが、待ちの間も一人、といったことも多いです。

お客様も話しかけられたくない人も多いのです。

一人で過ごす時間が辛くない。

本を読む時間が取れる、資格の勉強をしたいから一人の時間はかえって嬉しい、といった人はタクシー運転手の仕事に向いている可能性が高いです。

気持ちの切り替えができる人

タクシーの仕事をしていると、良いお客様ばかりではありません。

時には理不尽に感じる指示もあるでしょうし、酔っ払い客の対応に苦労することもあるでしょう、他の車から走行中に煽られることもあるかもしれません。

どんな時でも、安全運転が第一です。

感情的になって荒い運転になるのは避けなければなりません。

またいつまでも感情的に引きずっていると、ずっとイライラしてしまいますしストレスも溜まります。

切り替えが上手い人は、ストレスを過度に溜めることなく楽しく働くことが出来ます。

タクシーの仕事でストレスを常に感じていると、早期にタクシー運転手を辞めたいと考えてしまうでしょう。

アドバイスを聞ける、仕事の振り返りが出来る

高年収を実現しているタクシードライバーの多くは、先輩ドライバーからのアドバイスを素直に聞いて実践し、また仕事の振り返りが出来る人が多いです。

次の接客が上手くいくように、流しでお客様を拾いやすいエリアを再確認したり、売上げの高かった日の仕事を思い出しポイントをまとめる、などしています。

ただなんとなく流していても、駅前などで待っていても高い売上げは実現しにくいです。

タクシー運転手は歩合で稼ぐ仕事。

しっかり足切りラインをクリアし、高い手取りが実現出来るように頑張りたい方は多いのではないでしょうか。

新卒1年目、転職1年目から平均年収を超えるタクシー運転手も多いです。

タクシー運転手に向いている人、まとめ

タクシー運転手として就職、転職をしたとしても、仕事が全く向いていないと続けるのは難しいです。

タクシー運転手はとにかく安全運転が第一です。

地理知識は仕事をしている間に少しずつ知識が蓄えられていくものですから、それ以外の部分、運転が好き、一人の時間が苦にならない、などが重要といえるでしょう。

接客にしても最低限、お客様を不快にさせないことが重要です。

タクシー運転手として向いている人について、幾つかの特徴をピックアップしてご紹介しました。

こんな状況だと自分はどうなるだろうか?と色々とイメージをされてみると良い間もしれません。

自分にあったタクシー会社をこれからお探しになるのであれば、

⇒ タクシードライバー 求人サイトおすすめ

を活用になってみてください。

-タクシードライバーになる
-

Copyright© タクシー 転職おすすめサイト , 2019 All Rights Reserved.