タクシー運転手の定年退職

タクシー運転手の給料

タクシー運転手に退職金はあるの?退職金の金額について

更新日:

タクシー運転手の退職金

タクシー運転手として就職しようと考えた場合、退職金について気になる方も多いと思います。
特に20代、30代、40代と若い年齢の方は退職金がもらえるなら退職金の金額について気になりますよね?

タクシー会社を転職する際に退職金あり、通勤交通費ありを条件として求人をお探しの方も多いかもしれません。

でも、タクシードライバーの給与形態は歩合率も高いです。
「AB型賃金」と呼ばれる給与形態を採用するタクシー会社が多いですよね。

実際にタクシー求人サイトで調べてみると、

「退職金あり」

のタクシー会社も多いです。

退職金は無いよりは絶対にあった方が良い、という方も多いと思います。
ここではタクシー運転手の退職金について、情報をまとめています。

タクシー運転手も退職金はあります

タクシー会社の中でも、正社員で採用するドライバーに対して退職金を支給する会社は増えているといって良いでしょう。

現在、海外からの旅行客も増えており、マイカー所持率も下がり、タクシー需要は高まっているといって良いでしょう。
地方でも免許返納が増えており、タクシーの需要は増えています。

さらには2020年の東京オリンピックも控えていますしタクシードライバーは人手不足がさらに深刻化していると言います。

タクシードライバーの採用を増やすためには、待遇面の改善は必須です。

応募者はタクシー会社の福利厚生もしっかり比較しますからね。

そこで「退職金制度無し」は非常にマイナスと言って良いでしょう。

そのため、退職金支給するタクシー会社は多いです。

ただし、タクシー運転手の退職金、そこまでまとまった大きな金額は期待できないようです。

これからタクシー運転手になろう、という方も退職する年齢によっては「退職金をあてにせず、生活資金を貯める」ことが必要です。

タクシー運転手 退職金の相場

では、タクシー運転手の退職金の相場はどのくらいの支給額なのでしょうか。

タクシー会社によって退職金制度の仕組みも違うため、あくまで参考金額となりますが5年勤務で50万円といった金額を掲載している会社もありますので、一つの参考金額になるかもしれません。

タクシー運転手の退職金は少ない

退職金について、一般的には20年、30年と勤続年数が長くなればなるほど高額な支給金額になるというイメージをお持ちの方は多いと思います。

退職1,000万円などもらえると、確かに退職後の生活は楽ですよね。

ただ、そうした退職金がもらえるのは大企業、一部といって良いでしょう。

多くの中小企業の退職金は勤続20年で300万円台といった企業も多いようです。

そうした中小企業と比べてもタクシー運転手の退職金は少ないといえますので、普段から収入の一部を貯蓄するなど、必要に応じて備えをしておくことが大切といえそうです。

東京都 退職金制度ありタクシー会社の一例

タクシー求人サイトを利用して、

退職金制度あり

のタクシー会社を調べることも出来ます。

一例として、東京都で退職金制度ありタクシー会社を探してみると次のようなタクシー会社を見つけることが出来ます。

  • 東京エムケイ株式会社
  • つばめ交通株式会社
  • 帝都自動車交通株式会社
  • 大日本交通株式会社
  • 明治交通株式会社
  • すばる交通株式会社
  • 新日本交通株式会社

など、多数のタクシー会社が見つかります。

未経験からタクシー運転手になる、といった場合には退職金制度も気になるところですが、入社してからどれくらいの期間、最低給与を保証しているかといったことにも注目をしてみてください。

退職金制度が無い会社もあります

ちなみに、退職金制度が無い会社もあります。

退職金制度を定めるかどうかは、会社の自由となっているためです。

ですから、退職金制度が無くてもそれは違法ではありません。

とはいえ、無いよりはあった方が退職後の生活も多少は楽になることから、退職金はあった方が良いですよね。

そのためには、タクシー運転手の求人へ応募する際に、

退職金制度あり

のタクシー会社をしっかりと選ぶこと、またどういった退職金制度の仕組みになっているかを面接時などに確認することが大切となります。

タクシー運転手の定年退職について

とはいえ、そもそもタクシー運転手は定年退職後にドライバーを始める方も多いため、あまり定年退職を考えない型も多いかもしれません。

健康状態をクリアすれば十分に採用の可能性はありますから、65歳からタクシードライバーになる、といった方もいます。

年金を受給しながら生活の張り合いのために働く、といった方も多いです。

タクシードライバーの定年退職を70歳など長く設定している会社を探し、さらにその後の契約社員などで雇用してもらえる会社を探すとさらに長く働くことが可能です。

生涯賃金を考えた場合には、退職金を当てにせず、長く働いた方が収入は高くなります。

そこまで仕事を続けたいかどうか、といった問題もありますがタクシー運転手の場合には、あまり大きく退職金の支給額については期待せずに生活設計をした方が良いといえそうです。

タクシー運転手、求人の応募前に退職金制度あり・無しの確認を

退職金が欲しい場合、先ほどもありましたが求人へ応募する際にしっかりと、

「退職金制度あり」

といったタクシー会社を選ぶことが重要になります。

いざ退職する時に支給が無く、あると思っていたでは困ってしまいます。

転職道.COM

タクQ
・ドライバーズワーク

などがあります。

などタクシー運転手になるためにサポートをしてくれるコンサルタントがいるタクシー求人サイトを利用する方法でも、退職金制度ありのタクシー会社選びをしやすいといえます。

自分の希望の働き方、給与などでお探しになりたい場合には、こうしたタクシー専門の求人サイトの活用はおすすめです。

-タクシー運転手の給料
-,

Copyright© タクシー 転職おすすめサイト , 2020 All Rights Reserved.