タクシードライバー

タクシードライバーになる

フリーターからタクシードライバーへの就職

更新日:

フリーター タクシードライバーへ就職

フリーターからタクシードライバーへ就職する人も多いです。

普通免許を取得後3年経っているフリーターの方であれば、タクシードライバーとして就職できる可能性は十分にあります。

20代のフリーターの方はタクシードライバーの給料は固定給+歩合給それに賞与のタクシー会社が多いですから会社員になるよりも高年収になる可能性があります。

30代フリーターの方は、一般的に考えて正社員就職は難しい年齢になりますがタクシードライバーとしてはまだまだ若手です。

正社員採用される可能性は高いです。

タクシー会社にも様々な給与形態があり、未経験者をしっかり育てようというところも多いです。

未経験、フリーターからタクシードライバーへの就職を目指す場合にはタクシー業界に詳しいコンサルタントがいて就職先を相談出来るタクシー求人サイトを活用されることをおすすめします。

フリーターからタクシードライバーになった人は多数

タクシードライバーになるのはどんな人?元フリーターも多いの?

タクシードライバーの前職を調べてみると、様々な職業の人がいます。

居酒屋で働いていたフリーターの方、コンビニのアルバイト、警備員、トラックドライバー、パチンコ店員、ニートの人もいます。

最近だと新卒タクシードライバーも増えてきています。

以前はタクシードライバーというと底辺の仕事、といったイメージを持たれる方も多かったかもしれませんが、タクシー会社が労働環境の改善や情報を積極的に発信するようになってきたため、そうしたイメージも変わってきているのかもしれません。

女性タクシードライバーの採用に積極的なタクシー会社も増えています。

正社員就職となりますので、社会保険にもしっかり加入することができます。

安定感ということでいえば、フリーターよりも断然高いといえます。

フリーターから正社員、仕事に求めるもの

タクシードライバーは休日が多く正社員採用、未経験歓迎の仕事

フリーターから正社員就職を目指すにあたり、仕事へどういった希望をお持ちになっていますか?

今もし、飲食店でアルバイトなどをしていれば、

  • 不規則なシフト
  • 長時間のアルバイト勤務
  • 人が足りない時の急な出勤

といったことに悩まされているかもしれません。

特にフリーターは学校がある学生アルバイトとは違い、時間に余裕があると店長に考えられがちですから人手不足の日は、とりあえず「お願い!出て!」と声を掛けられやすいと思います。

フリーターは時給で働きますから、もちろん出勤が増えれば収入も増えます。
しかし、月収が増えるといってもそこはやはりフリーター。
大きく月収が増えるわけではありません

そうしたフリーターの不安定さから脱出し、正社員就職を考えた時、どんな働き方をしたいかを考えてみて・・・

  • ある程度、休日が多く時間の自由が利きやすい仕事がしたい
  • 最低限、安定した収入がある
  • 頑張れば頑張った分だけ高収入が得られる
  • 人間関係が煩わしくない仕事

などが希望条件としてあるフリーターの方には、タクシードライバーは向いている可能性があります。

フリーターよりも高収入!タクシードライバーの給料

タクシードライバーの給料は、

固定給+歩合給+賞与

といったAB型賃金と呼ばれる給料形態のタクシー会社が多いです。

安定した固定給に加えて、歩合給となりますので入社して努力をすれば東京都であれば月収40万、月収50万を稼ぐドライバーは多数います。

地方都市の場合には、年収はそこまで高くはないですがフリーターとして時給でアルバイトをするよりは高収入は得られると言って良いでしょう。

タクシードライバーの給料 関連記事

タクシー運転手 給料・平均年収

タクシー運転手として就職・転職して幾ら給料が稼げるのか。
タクシー運転手の給料・年収、給料の仕組み、都道府県別タクシー運転手の年収などについてまとめています。

また、タクシー乗務員は法律の範囲内で働く時間が決まっています。

男性タクシードライバーの多くが働くのは「隔日勤務」という働き方で、1回の勤務時間は長くなりますが月11回~13回乗車です。
他は休日となります。

そのため、思った以上に休みが多く規則正しい生活が送れるのがタクシードライバーの仕事、となります。

フリーターからタクシードライバーへ就職するメリット

フリーターからタクシードライバーへ就職した場合、主なメリットについて挙げてみたいと思います。

フリーターよりも高収入

フリーターから正社員就職を目指す理由として、収入の低い生活を脱出したい、といったことがあると思います。

フリーターとしての収入が月収10万円~12万円といった方は多いと思いますが、フリーターは何歳になっても年収が変わりません。

急に時給がアップすることもまず無いですよね。

タクシードライバーはフリーターよりも当然、高収入が得られます。

就職してから3ヶ月は固定給で安心して働けるタクシー会社が多いですし、その後は「固定給17万+歩合給」といったことで売上げが上がれば高収入が得られる仕事です。

20代、30代、40代は高年収を目指して勉強熱心な方が多いので月収40万以上など実現している方は多いです。

先ほどもありましたが、東京都はタクシードライバーの平均年収が高いエリアです。

他には、神奈川県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、三重県、滋賀県なども比較的、タクシードライバーの年収が高いエリアです。

その他のエリアでも人の動き、街のイベントなどを研究して高収入に繋げているタクシードライバーはいます。

フリーターで月収20万円を稼ぐのは、とても大変です。

しかし、タクシードライバーであれば数ヶ月後にその倍の給料を得ることも可能です。

休日が多く、時間の自由が利きやすい

フリーターとしてどのくらい働いていますか?

一般的にフリーターとして生活する人の場合、週4日~6日働いて収入を得ていると思います。

タクシードライバーの働き方は、3つあります。

  • 日勤
  • 夜勤
  • 隔日勤務

この中で多いのは隔日勤務ですが、これは1回の勤務時間で2日分の仕事をする働き方です。

月の勤務日数は11日~13日となり、他は休みとなります。

1回の勤務が長時間になりますので、慣れるまでは大変。
でも、慣れると荷物の上げ下ろしなども無いし、かえって楽です、というタクシードライバーは多いです。

60代からタクシードライバーを始める方も多いですからね。

フリーターから正社員就職をするにあたり、ある程度、時間の自由が利いて趣味なども充実させたい方には、ピッタリの働き方が出来る職業といえるのではないでしょうか。

タクシードライバーは人間関係が楽

タクシードライバーとして働く場合、営業所には当然ですが所長や課長など上司もいて時には怒られる事もあるでしょうけれど、出庫すればあとは自分の判断で仕事をすることが出来ます。

基本的に、個人で動く時間が大半です。

そのため、仕事上で人間関係に疲れてしまった方もタクシードライバーに転職している場合が多いです。

もちろんお客様も良い人ばかりではないですから、ストレスを感じることもあるかもしれません。

しかし、接客態度を改善していくことでかなり対応できるということです。

仕事上の人間関係で大きなストレスを感じることが少ない、人間関係が楽な仕事といえます。

年功序列が無い

タクシードライバーは年功序列がありません。

20代のドライバーも60代のドライバーも基本的には同じドライバーです。

長く働いている人がいて人間関係が大変・・・といったストレスが少ないのはタクシードライバーの特徴かもしれません。

寮完備、社宅ありのタクシー求人も多い

地域によって差はありますが、タクシードライバー求人には「寮完備、社宅あり」の求人も少なくありません。

特に東京都は地方から上京してタクシードライバーを始める方も多いため、寮完備のタクシー会社が多いと言えます。

寮や社宅に入ることが出来れば、手取りを大きく残すことが出来ます。

またタクシー会社によっては入社お祝い金もあります。

人手不足から、タクシードライバーの確保に積極的なタクシー会社が増えています。

以前よりも高待遇で仕事を始めやすくなっているのは間違いないといえます。

フリーターからタクシードライバーへの就職する場合

タクシードライバーに興味を持ち、フリーターを辞めて正社員就職を検討されている方も多いと思います。

タクシー会社もたくさんあります。

平成28年の情報にはなりますが、約6,200(法人タクシー事業者数)も全国であるんですね。

もちろん全てのタクシー会社に詳しいわけではありませんが、タクシー業界専門の求人サイトを利用することで、多くのタクシー会社を比較して自分に合った就職先をアドバイスしてもらうことが出来ます。

タクシー求人サイトを利用することで、タクシー会社に詳しいコンサルタントへ無料で相談出来ますからぜひ活用されることをオススメします。

転職道.COM

タクQ

・ドライバーズワーク

などがあります。

-タクシードライバーになる
-,

Copyright© タクシー 転職おすすめサイト , 2019 All Rights Reserved.