合同企業説明会

タクシードライバーになる

大学新卒でタクシー運転手になる人が増えている理由

投稿日:

大学新卒でタクシー運転手へ就職

大卒でタクシー運転手として就職する人が増えています。
大卒新卒の採用人数が非常に日本交通グループでは150人の採用がありました。
一昔前から考えると、その変わりように驚くタクシードライバーは多いのではないでしょうか。

今、タクシー運転手は様々な理由から大卒者の就職先として注目されています。
大卒者だけではなく20代の若者の就職先としても多く選ばれるようになってきました。

Uberや自動運転時代の到来など、タクシー業界の将来性は決して楽観視はできませんが、ホワイトな働き方として、短期間で高収入を得られる職業として大卒でタクシー運転手として就職する人が増えています。
女性タクシードライバーも増えています。

ここでは大学新卒でタクシー運転手になる人が増えている理由について、ご紹介しています。

大学新卒でタクシー運転手になる人が増えている理由

大卒でタクシードライバーに就職
大学新卒でタクシー運転手になる人が増えている理由として、次のようなことが挙げられます。

待遇が良い(高給与)

タクシー運転手は給料が低い、というイメージを持つ方は多いと思います。
しかし、東京都に関していうと決して年収は低くありません。

新卒入社1年目であっても、月収40万円、50万円以上を稼ぐことも可能な仕事です。

また今は入社して半年など最低給与保証などがあるタクシー会社も増えています。

安定して稼ぐことが出来る仕事、というタクシー運転手の実際の働き方が認知されてきていることは大きいと言えるでしょう。

休暇が多い(隔日勤務)

タクシー運転手は休日が多い仕事です。

隔日勤務という働き方をするドライバーの場合、明けは休み、翌日も休みです。
またそれに加えて公休もあり、月に2回は3連休が取れるといったように休日が多いのです。

月に3連休が2回など取れる仕事はそうそう無いのでは、と思います。

有給休暇も取りやすいため、年に1回は長期休暇を作る海外旅行へといった方も。

1回の勤務は長時間ではありますが、タクシー運転手の仕事に慣れてきたらかえって楽、という声は多いですね。

残業が無い

タクシー運転手は法令で労働条件が厳密に規定されています。

お客様を乗せて走るため残業が長いブラックな働き方が許されてしまうと、事故に直結することから残業無しの働き方となります。

ホワイトな働き方が出来る仕事として、タクシーを選ぶ新卒者は意外と多いです。

タクシードライバーは、夢を追いかけやすい

タクシードライバーは隔日勤務の働き方なら休日を多く作ることが可能です。

有給休暇も取りやすいため、ライブ活動を優先してシフトを組むこともしやすいメリットがあります。

タクシー運転手は個人で営業を行う仕事です。
仕事の引き継ぎなどもありません。

いないと仕事が進まない、困る、病気でも休めない。
といったことはあり得ません。

お客様を目的地まで運んで完了です。

そうしたタクシー運転手の仕事、働きやすさが若者に浸透した結果、新卒として就職先にタクシー会社を選ぶ人が増えてきているといえます。

他の職種へ転職を目指すために資格の勉強を実はしたい、といった場合にもタクシー運転手は休日が多く、勉強時間を確保しやすいのでオススメの働き方といえます。

年齢を問わず働きやすいタクシー運転手の仕事

タクシー運転手の仕事は年齢を問わず、働きやすいです。

むしろ、支払方法が多様化している今、どういった事にでも柔軟に対応しやすい若い世代の方が働きやすいといって良いでしょう。

またタクシー運転手は年功序列が関係無い仕事です。

働き方も自分でコントロールしやすいというメリットもあります。
高年収を狙って働く人がいる一方で、その日の体調に合わせて程ほどに働いたり、足切りラインを超えるくらいでOKとするドライバーなど、色々な働き方が可能です。

20代でも60代でも、タクシー運転手の仕事は一緒です。

お客様を乗せて安全、かつ迅速に目的に行く。

もちろんその過程で接客や効率性を追求することは出来ますが、年齢を問わず仕事内容は同じとなります。

その結果、入社1年目から月収50万円などを達成することが可能な仕事、となっています。

タクシー運転手になった新卒学生の体験談に見る、就職の決め手

タクシー運転手になった大学新卒学生の就活体験談などを見ると、多く見かけるキーワードがあります。

それは、先ほどの「大学新卒でタクシー運転手になる人が増えている理由」にもあったように、

  • 新卒学生にとって、思った以上にタクシードライバーの待遇が良い(高給与)
  • 休暇が多い(隔日勤務)
  • 月に3連休が2回など取れる
  • 有給休暇が取りやすい
  • 残業が無い

などです。

ブラック企業での激務、退職代行を使わなければ辞められない職場・・・・ニュースではそうしたネガティブな話題も目にすることが多くなってきましたが、タクシードライバーの働き方は法律で守られています。

ブラックな働き方にはならない、しっかり休みが取れる、その上努力に応じて高年収を実現することが出来る。

普通、大卒新卒で正社員就職した場合、年収は300万円前後になる人が多いでしょう。

地方だと、年収300万円以下で働く人は多いです。

しかし、東京都で大卒新卒でタクシー運転手になった場合、1年目で年収400万円以上、売上げアップのポイントを抑えた営業が出来れば1年目で年収600万円以上も稼ぐことが可能です。

タクシー運転手の平均年収が高い、全国で最も稼ぎやすい東京都という地域的なメリットもありますが新卒1年目で平均年収の2倍の年収を稼げる可能性のある仕事は少ないといって良いでしょう。

就職活動では他の企業ともしっかり給与など待遇、仕事内容、働き方など比較をした上で、タクシードライバーという職業を選択する20代、大学新卒者が増えています。

少しずつ、タクシードライバーへのイメージも変わってきているといって良いでしょう。

タクシードライバーなら夢を追いかける時間も確保できる

ミュージシャン、アーティストといった夢を追いかけるための時間も確保したい、といった方にとってはタクシードライバーの仕事は時間もある程度自由に出来ることが、とても大きな魅力となっています。

1度の勤務時間は長いものの、休日、連休も多く残業無し。
収入も同世代、20代と比べて100万円、200万円以上多く稼げる可能性がある。

フリーターになるよりも資金的に有利ですし安定しているタクシードライバーの仕事は、とても魅力的に感じられるようです。

実際、タクシードライバーの仕事をしながら夢を追う人も増えているということです。

新卒採用に積極的なタクシー会社

新卒採用に積極的なタクシー会社をいくつかピックアップしてご紹介いたします。

タクシー大手4社は新卒採用に積極的です。

大日本帝国、タクシー大手4社は

  • 大和自動車交通
  • 日本交通
  • 帝都自動車交通
  • 国際自動車(kmタクシー)

ですが、中には100名を超える新卒採用を行うタクシー会社もあるほどです。

他には新卒学生求人サイトなどに新卒採用を掲載しているなど、積極的に新卒採用を行っているタクシー会社は、

  • フジタクシーグループ
  • 日の丸交通
  • 三和交通
  • 平和交通
  • 東都自動車

など、他にも多数のタクシー会社が新卒採用を行っています。

同時に第二新卒者の採用も積極的なタクシー会社が多いです。

20代、30代で正社員就職を目指すフリーターの方にも、タクシー会社は今後魅力的な就職先になっていくと考えて良いのではないでしょうか。

ホワイトなタクシー会社の求人情報を探すには

新卒学生の方は新卒向け求人サイト、就活サイトでタクシー会社の求人をお探しになってみてください。

大学を卒業した方、第二新卒や既卒フリーター、既卒ニートといった方、30代フリーターやニートといった方も含めて、中途採用のタクシー求人をお探しになりたい場合には、

⇒ タクシードライバー 求人サイトおすすめ

で求人情報の収集をすることが出来ます。

利用は無料ですから、ぜひ活用されてみてはと思います。

-タクシードライバーになる
-,

Copyright© タクシー 転職おすすめサイト , 2019 All Rights Reserved.