東京駅

タクシー運転手の給料

東京のタクシー運転手 年収が高い理由

更新日:

東京のタクシー運転手 年収について

全国のタクシー運転手の平均年収は平成29年では、約348万円。
それに対して東京都のタクシー運転手の平均年収は約470万円
(全国ハイヤー・タクシー連合会の資料による)

その年収差は約120万円もあります。

タクシー運転手になる理由も様々です。
「そこそこ収入が得られて休日が多い仕事がしたい」
「年功序列に関係無く高収入が得られる仕事がしたい」
「前職で人間関係に疲れたので、人間関係が楽な仕事がしたい」

タクシー運転手として高い収入を得たいのであれば、東京都で働くことで高年収を実現出来る可能性が高くなります。

東京のタクシー運転手 年収

東京都のタクシー運転手の平均年収は約470万円です。

先ほどもありましたが、他のエリアの平均年収よりも100万円以上も高年収となっています。

稼ぎたいなら東京都、というのは間違い無いでしょう。

タクシー運転手をやるなら東京、と言われる理由

タクシー運転手の平均年収を比較すると、東京都はダントツで高年収を得ているタクシー運転手が多いエリアです。

都内のタクシー運転手の平均年収が全国の平均年収よりも100万円以上高いのですからその差は歴然です。

これからタクシー運転手になろう、とお考えの方で上京して東京でタクシー運転手になった方が稼げるのかな?と調べている方もいらっしゃると思います。

タクシー運転手になって少しでも高い収入、年収を得たいとお考えであれば東京都のタクシー会社で働くのはおすすめです。

関東エリアのタクシー運転手 平均年収

関東エリア(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、茨城県、群馬県)のタクシー運転手の平均年収を見てみましょう。

参考:全国ハイヤー・タクシー連合会 平成30年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況のまとめ

によりますと、関東エリアのタクシー運転手の平均年収は以下のように発表されています。

東京都 : 約470万円
神奈川県: 約395万円
埼玉県 : 約337万円
千葉県 : 約345万円
栃木県 : 約307万円
茨城県 : 約281万円
群馬県 : 約314万円

関東エリアの中で最もタクシー運転手として稼げるのが東京都となります。

平均年収ですから、もっと年収が低いドライバーもいますし年収600万、年収800万円を稼ぐタクシードライバーもいます。

神奈川県も年収400万円が近く、タクシー運転手の中でも高年収が得やすいエリアといって良いでしょう。

対して茨城県は平均年収200万円台となります。

タクシー運転手として働く場合、乗車する地域がとにかく重要!と言われますが、こうしたタクシー運転手の平均年収からもそれはよく分かるといえます。

もしあなたがこれからタクシー運転手になろうかな、タクシードライバーって収入どうなの?少しでも手取りが高い方が良い、とお考えであれば、通勤が可能であれば東京都でタクシー運転手になることも検討されてみてはと思います。

ここから、東京都のタクシードライバーが高年収になりやすい理由を見ていきましょう。

タクシー運転手の平均年収と比べて、東京都のタクシー運転手の年収が高い理由

東京都のタクシー運転手の平均年収が高くなる理由として、次のようなことが挙げられます。

タクシー利用客が圧倒的に多い

東京都、それも東京都心はタクシー利用客が日本一多いエリアです。

仕事でタクシーを使う人も多いですし、観光客も多いです。
近年は海外からの旅行客も非常に増えており、語学力のあるタクシー運転手の需要が高まっています。

東京は交通機関がとても発達していますが、タクシーに乗った方が早いことも多いですし何よりタクシー車内で仕事が出来る、と好んでタクシーを利用する方も。

東京都ではタクシー利用客が地方と比較して圧倒的に多いことが、稼げる第一の理由といえます。

また地方では駅付けと無線配車、最近だとアプリ配車も伸びていますが、そうしたスタイルで売上げを上げるドライバーが多いですが、東京都では稼ぐタクシー運転手は「流し」で効率良くお客様を見つけています。

それもタクシー利用客が地方と比較して、圧倒的に多いからこそです。

駅付けで1時間待ってワンメーターであった時の落胆・・・

それと比べて流しで連続して2,000円、3,000円と売上げが上がる稼ぎ方。

東京都のタクシー運転手として働く難しさも当然ありますが、収入の高さを考えれば、東京でタクシー運転手をする方が確実に高年収を稼ぎやすいといえます。

東京都は早朝から深夜まで、タクシー利用客が多い

東京都と地方でのタクシー営業の大きな違いとして、東京都は早朝から深夜までタクシー利用客が多いことが挙げられます。

22時~5時にかけては乗車料金が深夜・早朝割増となりますから、タクシー運転手にとって大きく稼げる時間帯となります。

この時間帯にも上手く流し営業でお客様を乗せることが出来れば、大きく稼ぐことが可能です。

早朝、深夜に稼げる東京都は歩合給で稼ぐタクシー運転手にとって、稼げる地域なのは当然といえます。

東京都で働くタクシー運転手として、手取りを高くする

東京都で寮完備のタクシー会社の求人を探す

東京以外にお住まいの方で、高年収を得たいから東京都で働きたい、という方もいらっしゃると思います。

その場合、寮完備のタクシー会社で働くという方法があります。

東京都は地方と比べて家賃が高めです。
タクシー会社の用意する寮を利用すれば、家賃を低く抑えることが出来ますからその分、手取りを多く残すことができます。

寮には、

  • 単身寮タイプ
  • 家族寮タイプ

がありますが、大部分は単身寮です。

都内には寮完備のタクシー会社がたくさんあります。

交通費支給ありタクシー会社に就職・転職する

東京都に隣接するエリアから、通勤が可能という方も多いと思います。

通勤時間にもよりますが引越をするまでも無い場合、交通費支給のタクシー会社へ転職するといった方法がおすすめです。

タクシー会社の中には、業界大手4社(大和自動車、日本交通、帝都自動車、国際自動車)をはじめとして交通費支給ありのタクシー会社も多くあります。

上限3万円まで、など規定も各タクシー会社で異なりますから、そうした待遇面も比較をされて少しでも好条件のタクシー会社をお選びになると良いでしょう。

東京都で働く、高年収、収入の高いタクシー運転手になる

地方から東京都で働くタクシー運転手になる場合、情報収集が大変です。

インターネットを活用して情報収集はしやすくなりましたが、実際のタクシー会社でのドライバーの働き方、給与形態、有給休暇、研修中の最低保証給与などはタクシー会社によって異なりますし、ネットでは得られない情報もまだまだ多いです。

寮や交通費に関しても様々です。

タクシー業界を専門としたタクシー求人サイトには、

⇒ 転職道.COM

⇒ タクQ

・ドライバーズワーク

などはこうした待遇面に関しても詳しい情報を持っており、上京してタクシー運転手として働きたいという方もサポートしてもらうことが出来ます。

東京都のタクシー会社からの求人情報を得たい場合には、情報収集を効率良く行うことが出来るこうしたタクシー業界専門の求人サイトを利用される方法がおすすめです。

-タクシー運転手の給料
-,

Copyright© タクシー 転職おすすめサイト , 2020 All Rights Reserved.